キビソタオル

「キビソ」って何?

 

「キビソ」は生皮苧と書き、緒糸(ちょし)とも呼ばれます。
繭から生糸を引き出す際、まず糸口を見つけます(索緒)。

その時に繭の上層部の上等な糸にならない部分が取り除かれます。
それを集めて糸にしたものが「キビソ」です。

繭は、天の虫・蚕が蛾となるまで自らを守り続けるためにつくるシェルターです。
蚕が一番元気な最初に吐き出す糸「キビソ」は、繭の最も外側で外敵や環境の変化から蚕を守る重要な役割を担うパワーのある糸です。

ひとつの繭からわずか約4%しか取れない糸で、荒削りで不安定なうえに染色も難しく、なにより織り難いために捨てられることが多かったのですが、保湿性に優れ肌がしっとりする成分「セリシン」をとても多く含む部分です。

 

「セリシン」って何?

「セリシン」は繭に含まれるたんぱく質で人の皮膚の成分にとても近く、保湿性に特に優れた性質があります。
その他にも活性酸素の働きを抑える効果や紫外線を防ぐ効果など多くの優れた性質をもっていると言われています。

 

「キビソ肌友だち」の特徴

「キビソ肌友だち」は、キビソにたっぷり含まれる保湿性に優れた成分「セリシン」をお風呂で使って肌に供給する新発想の浴用タオルです。

いわゆる肌擦りのタオルとしてではなく、毎日のお風呂タイムを利用して「セリシン」をお肌に供給してスキンケアを無理なく続けていくために作ったタオルです。

シルクの経糸(あし絹:肌触りの柔らかい糸)とキビソを横糸に、手織りで丈夫な平織りに織り上げています。
経糸の「あし絹」もセリシンを取り除かない状態で糸になっていますので、乾いた状態では通常のシルクのイメージよりも硬いのですが、キビソほどではありません。

そこで、2種類の糸の特徴を生かすためにしっかりと経糸に張力をかけて詰めて織った丈夫な生地のハードタイプと、大変織り難くはなるのですが経糸の張力を出来るだけ緩くして、「あし絹」の経糸が横糸の「キビソ」を包むように織ったソフトタイプの2種類を作りました。

どちらも同じ糸で織っていますが、この手織りならではの手間のかけ方によって、用途の幅が広がりました。

ハードタイプは、しっかりと詰めて織り、生地が丈夫で、身体洗いや特に踵や肘が気になる人におススメです。
使う感覚は厚手の「日本手ぬぐい」といったところ。
石鹸をつけて「セリシン」がヌメリとなって溶けだしてくると、お子様や年配の方にはやや掴みにくいと思われる場合がありますので、ハードタイプは少しでも引っ掛かりとなるように両端を三つ折りにしてかがっています。
そのため切り分けが出来ません。
用途に合わせて4種類のサイズからお選び下さい。

ソフトタイプ経糸のあし絹がキビソを包み込むように織り、ワザと経糸が揺らぐように織っています。
使い心地は「ガーゼ」のような感覚で、こちらは特にお顔など柔らかい部分にも使いたい人におススメです。
打ち込み(横糸の詰み具合)も緩やかに織っていますので、横糸のキビソはハードタイプの約2倍の太さにしています。
生地の隙間からキビソに含まれた「セリシン」がワーッと出てくるイメージです。

ハードタイプとソフトタイプ、どちらも同じ糸で織っていますのでお好みで選んでください。

もちろん、どちらのタイプもお肌のケアが目的ですので身体にもお顔にも使えますが、生地がなじむまでの数日は硬いですから、お顔は直接タオルをあてるのではなく、「セリシン」が石鹸に溶けだしたヌメリをすくい取って、手の平で洗顔されることをお勧めします。

キビソ肌友だち ソフト SSサイズ         ¥1,500

キビソ肌友だち ソフト Lサイズ     ¥5,000

kbsソフトS.jpg
kbs006_03.jpg

 

キビソ肌友だち ハード SSサイズ   ¥1,500

キビソ肌友だち ハード Sサイズ   ¥3,000

kbs001_01_01.jpg
 kbs002_03.jpg

 

キビソ肌友だち ハード Mサイズ   ¥4,000

キビソ肌友だち ハード Lサイズ   ¥5,000

kbs003_03.jpg kbs004_03.jpg

 

 

キビソ肌友だち ソフト SSサイズ 石鹸セット ¥2,700  キビソ肌友だち ハード SSサイズ 石鹸セット ¥2,700
kbs025_09.jpg
kbs025_01.jpg

 

 

2020.10.21 Wednesday